• AEDの普及啓発について、提言し、市ホームページに明確な使用手順が明記されました。
  • 雨水整備の促進を提言し、洪水内水ハザードマップを用いて順次、進めることを提言しました。
  • 市内小中学校の校庭芝生化事業の進め方について、学校側と十分協議した上での部分芝生化を提案し、平成26年度からの取り組み課題となりました。
  • 公共施設を利用した財源確保策である「ネーミングライツ事業」の導入を提案しました。
  • 公共施設及び道路名称(呼び名)についての実施を提案し、平成27年度の西口まちびらきを目標に検討する運びとなりました。
  • 防火対策として、初期消火の視点から消火栓の自治会周知方法の改善提案をしました。
  • 東柏ヶ谷3丁目の避難所として、空地利用を提案し、(3.11東日本大震災時の踏切遮断機閉鎖による)継続的な重要検討課題となりました。
  • 東柏ヶ谷2丁目のごみ問題(戸別収集業務)について、提言致しました。
  • 東柏ヶ谷全域にわたり、市道の部分的な舗装整備を要請し、改善されました。
  • 農業後継者対策として、婚活支援策を提案しました。
  • 元気な高齢者を支援し、ハッピーサロンの充実を提言しました。
  • 環境問題に関して、提案し、リサイクル知識学習が開催されました。
  • 通学路の改善提案を行ない、児童の安全確保に努めました。
  • 生活保護受給制度について、改善を促しました。
  • 地域活性化実験事業(柏ふれあい釣り堀)をの充実を提言し、高齢者の生きがい支援、または地域活性化に努めました。
  • 野外体験の必要性を問題提起し、近隣私有地と連携をとりながらの野外体験施設の設置へ向けて取り組みました。
  • 市道23号線歩道整備について、柏ヶ谷コミュニティセンター付近の植樹編成に提言しました。
  • 海老名市イメージキャラクターである「えび~にゃ」拡販事業への民間活力の導入を提案いたしました。
  • 防災カメラ運用に伴い、現在市内全域の70%を網羅できているが、残りの確認不能な30%地域への対応を促進しました。
  • 定住促進施策につながるとも期待される「街コンの実施」について提案しました。
  • さがみの駅南口周辺整備の早期実現に向けて市に提言しました。
  • 東日本のみならず、西日本への災害協定の締結拡充
  • 杉本小学校校庭外周ネットの改修がされました。
  • 東柏ヶ谷2丁目の老朽化した自治会掲示板が新設されました。
  • 東柏ヶ谷2丁目の市道23号線歩道部分に高齢者歩行対策として、手すりを設置しました。
  • 東柏ヶ谷1丁目、4丁目の側溝蓋のグレーチング化対応しました。
  • 東柏ヶ谷4丁目、6丁目の見通しの悪い交差点に停止線を塗付しました。
  • 東柏ヶ谷近隣公園の水飲み場制水弁蓋を交換しました。